*

リスクリワードレシオと勝率を意識する

      2016/08/31

90597560

今回は具体的な数値を使って、トレードで生き残るための戦略を記事にしていきたいと思います。

かなり大切なことです。自分のトレード成績がどのあたりに位置しているのかを知っておく必要があります。

 

リスクリワードレシオとは何か?損失額に対して利益額はどれくらいなのかということです。

損益比率とも言います。

平均利益額÷平均損失額で求められます。

例えば5000÷5000=1でプラマイゼロ

5000÷1000=5ではプラス

5000÷10000=0.5ではマイナス

といった結果になります。

しかし、これはリスクリワードに限った話であり、ここに勝率を組み合わせると成績が大きく変わってきます。

 

勝率とは総トレード回数に対しての勝トレード回数です。

10回トレードして、5回勝てば勝率5割。当然ですね。

 

では、イメージしやすいようにリアルな数値を使ってみます。

月間トレード回数10回と仮定しましょう。

平均額もおおよその額で設定しました。

下図に表を作ってみたので参考にしてください。

RRレシオ。

 

 

 

 

 

 

どうでしょうか?

私がメンタル的に楽なのはRRレシオがそれほど良くなくても、勝率が高めの位置です。

実際には勝率5割以下でRRレシオが高めで利益を多く獲る方もいますが、私はメンタル的にきつくなってくるので、勝率を優先するようにしています。

実際のトレードでは、RRレシオが大きいと勝率が悪くなり逆に小さいと勝ちやすくなると言えます。

それは単純に損切り幅に対して利益幅を大きく獲っていくとリミットまで時間がかかり、あまりにも遠すぎると負けるリスクが高くなるからです。

理想は利益を大きく損切りは小さくと、損小利大を意識して適切に設定することですね。

やってはいけないのは、利益も勝率も過剰に大きく獲るという欲張った考えです。勝率9割、RRレシオ5など・・・。

相場の世界はそんなにうまくできていないので、こういった考え方はやめましょう。

自分はどのへんの位置を目標にしているのか。

結論としては、損益比率と勝率とのバランスが最も大事でメンタル的にも安定できる。そしてプラスの金額を残すことです。

優れたトレーダーであれば、自分を知り当たり前のように無意識でバランスよくこなしています。

 

 - トレードの基礎知識, 資金管理