*

トレードの王道!サポート・レジスタンスラインは絶好のエントリーチャンス

   

%e4%b8%8a%e6%98%87%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%89%e6%94%af%e6%8c%81%e7%b7%9a

今回は多くの市場参加者が意識しているラインについてです。

抵抗線支持線となる絶対に外せないライントレードですね。

うまく機能するラインを探せれば、勝率高めのおいしいポイントになります。

トレンドフォローで仕掛けているつもりなのに勝てない、いつも価格が逆行してしまう。

そういった場合は重要なラインを見逃してしまっている可能性があります。

つまり相場環境を把握できていないんです。

%e4%b8%8a%e6%98%87%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%89%e6%94%af%e6%8c%81%e7%b7%9a

支持線とは?

図のチャート上の価格をみてください。

過去の目立つ安値を基準として、そこから引かれる水平線のこと。サポートラインとも言います。

 

抵抗線とは?

過去の目立つ高値から引かれる水平線のこと。レジスタンスラインとも言います。

 

例えば、サポートラインがあるとします。相場の状況は高値が切り上げって安値も切り上がっている。

価格が下降してきて、そこから引かれる水平線というのは機能しやすいラインであり、チャンスがあれば買っていきたいポイントです。

この状況は、トレンドが継続している中で、過去の安値から引かれるラインが意識されうまく機能すれば反発する。

あるいは、ラインが機能されずに突破されてしまうとトレンドが終焉してしまう局面です。

 

背景で何が起きているのか?

ライン付近での買いと売りの攻防です。

サポレジのラインが機能して反発するのか。

ラインをブレイクして突き抜けていくのか。

この基本的な概念は短期足も長期足も同じです。

 

基本は長期足で機能しやすいラインをみつけたら、短期足でエントリーパターンが出れば積極的に攻めていきたいと考えられます。

ただ、絶対的に反発されるものではないので注意が必要です。

実際には、ラインの少し手前で反発したり、きれいにライン付近で反発、ラインを抜けていってしまうということを想定しておくことも大事です。

 

ということで絶対に無視できない、

ライン付近でのプライスアクションに注目です

多くの参加者が注目しています。これを忘れずに。

 

 

 

 

 - テクニカル