*

FXの口座管理。レバレッジと証拠金の意味

   

Career

改めてトレードの基礎的な解説をしていきます。

口座にある証拠金について。

証拠金には、「有効証拠金」「必要証拠金」「余剰証拠金」といった種類があります。

初歩的なことですが、手法ばかりでなくこういった資金管理の情報も発信していきたいと思います。

同時にレバレッジの真実についても触れていくので、正しく理解してもらえればいいかなとも思います。

 

有効証拠金

計算式  口座残高+ポジション保有中の損益

保有しているポジションの損益によって変わってきます。

例えば口座残高が10万円。含み益が1万円であれば110000と表示されます。

含み損が1万円であれば90000と表示されます。

 

必要証拠金

計算式  レート×ロット数÷レバレッジ

レバレッジとの関係によって変わってくる金額です。

国内の業者のレバレッジは最大で25倍までと設定されています。

 

例えば、米ドル/円のレートが100円とします。

100円×1万通貨÷25=40000

 

現在100円のレートをレバレッジ25倍で1万通貨取引したときの必要証拠金は4万円となります。

 

参考までに、仮に海外の口座でレバレッジ500倍で取引したとしましょう。

100円×1万通貨÷500=2000

証拠金が2000円で1万通貨のポジションが可能です。

ということは、大きく仕掛けることもできてしまうので資金管理が大事になってきます。

 

低いレバレッジで取引するほど必要証拠金は大きくなる

高いレバレッジで取引するほど必要証拠金は小さくなる

となります。

 

よく、ハイレバレッジは危険だと言われますが、大きなポジションサイズを持ててしまうことによってコントロールできないのが危険だということです。

リスクマネジメントができないから危険に繋がり破滅してしまうんです。

 

ストップの位置からPips数を割り出し、ポジションサイズと合致させ、目安で「これくらいの損失額になるだろう」

と常に把握しておくことです。

損失額とポジションサイジングを理解していないから危険なんですね。

特に今のレバレッジは何倍とか意識する必要はありません。

このようなことから、損失額を前もって把握しておけば、レバレッジは味方にすることができるんです。

 

余剰証拠金

計算式  有効証拠金ー必要証拠金

 

計算式通り、含み益、含み損を加味した口座残高を示しています。

この口座残高の範囲内で、新規のポジションを持てることになります。

 

 

結論としては、余裕資金で取引するのが一番です。

資金管理を怠らずに資産を増やしていきましょう。

次回は複利について記事にしていきます。

 

 

 

 

 

 - 資金管理