*

ポジションメイクについて。最適な注文方法を見つけよう。

   

96411093

今回はFXの取引、売買の注文方法を紹介していきます。

知ってて当たり前と思うかもしれませんが、エントリー・決済時の注文のやり方に納得していないとか、あまりチャート画面をみていられないという人は参考にしてみてください。何か改善策があるかもしれませんので。

 

では、さっそく初歩的なことから、

 

成行注文

現在のレートで新規注文をするときの注文方法。

決済時にも同様にその時点のレートが適用される。

 

指値注文

売買の価格を指定して注文する方法。

通常ポジションを作るときに、単独で指値注文を入れておくことはしない。(指値で新規注文をする場合は決済も同時に注文しないと危険)

主に決済時での指値注文というイメージ。

 

逆指値注文

価格を指定しての注文方法だが、新規のポジション作りで使うと、不利なレートでの注文になる。

決済時に損切り(ストップ)として使われるのが、逆指値注文である。

 

 

ここから先は組み合わせの注文方法です。

便利なやり方もあるのでチェックしてください。

 

 

IFD(イフダン)注文

新規注文と同時に決済の注文を入れておく方法。

例えば、指値で買い注文を入れるのと同時に、利食いの注文を価格指定して入れておくこと。

あるいは、指値で買い注文を入れるのと同時に、損切りの注文を価格指定して入れること。

 

 

OCO(オーシーオー)注文

主に保有しているポジションを決済するときに使われる注文方法。

新規にポジションを保有したら、OCO注文で損切りの価格と利食いの価格を指定して注文を出す方法。

例えば、100円で新規の買いポジションを保有したら、OCO注文で損切りを99円に利食いを101円と設定することができる。

損切りが約定されれば、利食いはキャンセルされる。

その逆もある。どちらかが約定されると、もう一つはキャンセルになる仕組み。

 

 

IFO(アイエフオー)注文

新規の指値注文と、利食い注文、損切り注文をエントリーからイグジットまで、全部まとめて注文してしまう方法。

例えば、指値で100円買い注文を入れるのと同時に、損切りを99円に利食いを101円で設定。1度にまとめて注文することができる。

OCOと同様に、損切りが約定されれば、利食いはキャンセルされることになる。

ただし決済する以前に、新規の指値買い注文が約定していない場合もある。

 

 

 

補足として、こちらはよく使われる注文の用語になります。

Buy Limit(指値買い)

現在よりも低い価格での買い注文。指値。

 

Buy Stop(逆指値買い)

現在よりも高い価格での不利な買い注文。逆指値。

 

Sell Limit(指値売り)

現在よりも高い価格での売り注文。指値。

 

Sell Stop(逆指値売り)

現在よりも低い価格での不利な売り注文。逆指値。

 

何が言いたいかというと、Stopは損切り。Limitは利益確定と認識してしまうと混乱してしまいます。

Stopは逆指値、Limitは指値という意味もあることを覚えておくと良いです。

 

話しを戻します。

ここまで注文方法を紹介してきましたが、どのやり方がフィットするかですね。

ある程度時間がとれれば、チャートをみながら、エントリータイミングを待ち構えて、成行注文ができます。

その後はOCO注文を入れてしまえば決着がつくまでは、極論言えば放置状態でいられますね。

 

あまり時間がとれないとか、エントリータイミングを逃してしまい機会損失になってしまうのであればIFO注文があります。

入口から出口までの戦略を考えて注文を入れておけば、売買が可能です。ただ、これをやるときは、用心してください。

注文が執行されていない状態にもかかわらず忘れてしまったり、時間が経過して相場環境が変わってきたころに約定されても困るので注意が必要になります。

もう一つ、成行でポジションを持てないので確定足を確認できないのが、デメリットですね。

 

大体、メジャーな注文方法はこれくらいでしょうか。

一番は自分のライフスタイルに合った、やりやすい方法でやるべきですね。

例え一度うまくいかなかったとしても、取引はこの後、何度でもあります。

為替相場は24時間取引が可能ですから、1回の取引に満足できなかったとしても、また次があるので欲張らずに冷静を保ってやっていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - トレードの基礎知識