*

ストップの建値移動は有効か?

   

73187521

あなたは損切り位置を移動させる派、させない派どちらでしょうか。

例えばストップの位置を建値に移動させていたら、価格がブレイクイーブンポイントまで戻り損益ゼロ決済となります。

このやり方は、当然ですが勝敗にも影響してきます。

勝ち負けの回数が減るかわりに、引き分けという結果が増えるからです。

 

では、具体的にリアルトレードで、どういう結果になるかですね。

なり得るパターンを紹介します。全て建値にストップを移動させたと仮定します。

 

仕掛けた方向に順調に価格が伸びていったケース

これは、特に問題なし。利食いまで戻りをつけずに順行、気持ちいい勝ち方になります。

 

ある程度含み益になり、この局面でストップを建値に移動したケース

含み益からその後、価格が逆行して建値で決済され、さらに最初のストップ位置まで到達してしまった。

この場合は損益ゼロで取引終了できてよかったと思いますね。

 

では、含み益から価格が逆行して、建値で決済された後に、利食い位置まで価格が伸びていったらどうでしょう。

こういう結果になってしまうと、建値にストップを移動させるのはナンセンスだと考えてしまいます。

 

 

もっと俯瞰すると資金管理の概念が絡んできます。

繰り返しますが、ブレイクイーブンポイントで決済するというのは、利食いのチャンスを逃すことになり、勝率も変わってくるということです。

これらを犠牲にして、資産を守ることを優先させるやり方になります。

細かいテクニックを言えば、適度な位置で半分利食いをするとか、ありますがここでは割愛します。

 

話しを戻しますと、含み益で建値にストップを置けば、結果はこの段階ではわかりませんが、メンタル的には楽になります

逆に嫌がる人は、建値で手仕舞いしなければ利食いできたのに、と思ってしまう傾向がありますね。

たしかにその通りですが、優先順位が何かということです。

 

 

利食いとか、損切りとか、損益ゼロで撤退するとか、複雑な考えになってしまうのも事実です。

これがFXの難しいところであり、これらの技術を連動させなければ生き残れません。

 

これが絶対に正しいとは言えませんが、ディフェンス第一に考えるならお勧めです

無理せずやっていきましょう。

 

 

 

 

 - 資金管理