*

メンタルの重要性。感情に流されない正しくトレードを行う方法

   

99046554

感情に振り回されてしまい、思い通りにトレードを完結できない。

トレードプランを実行できずに、ルール違反をして負けてしまうという最悪のパターン。

このように、感情が邪魔をしてなかなか結果が出ないということがあると思います。

今回は、このあたりの失敗してしまう原因がどこに潜んでいるのかをテーマにしていきます。

失敗を犯してしまう、うまくいかない人間心理をみていきましょう。

 

損失回避の法則

人間は利益になる金額と損失になる金額が同じの場合、利益のときの喜びより損失のときのショックのほうがはるかに大きい。これは当然ですね。

例えば10万円得した喜びより、10万円損したショックのほうが2倍~2.5倍大きいと言われています。

結論を言えば人間は損失を回避することを積極的にします

 

2つの質問でAかBを選択してみてください。

 A10万円確実に得をする

  B30万円得する確率が40%、まったく得をしない確率が60%

 

 A10万円を確実に損してしまう

  B20万円を損してしまう確率が60%、損失ゼロの確率が40%

 

考えてみてください。

期待値を計算するとわかることですが、正解は①がB、②がAです。

人間の傾向としては確実に得するほうを選び、損するときは大きく損するほうか、損がゼロのほうを選択してしまいます

ポジションを決済するタイミングをイメージすると当てはまりますよね。

 

 

トレードでも、恐怖心からくる損失を回避したいという思いから、一時的な短期的思考パターンに陥り規律を守れなくなってしまうというのはよくあることです

そうではなく、トレードは確率なんだと覚えてください。長期的な視点が不可欠になってきます

やはり、こういうことを知っているのと知らないのとでは大きく差がでてしまいますね。

試しにこのようなことがトレードしている時、メンタルにどのような影響を及ぼしているのか意識してみてください。

 

下にいくつか例を挙げたのでトレードで感情が邪魔をしてしまうパターンをみていきましょう。

 

FXでやってしまう失敗例

・含み損のとき、このまま損をしたくない、いつか利益になるだろうという勝手な思いから、損切りができない。

・負けた直後に取り返してやろうと、根拠のないトレードをしてしまう。

・含み益のとき、確実に利食いしたい、損をしたくないという思いから、微益で決済してしまう。

 

どうでしょうか。損大利小になってしまったり、ルールを守れない原因はメンタル的なものではないでしょうか。

同じ失敗を繰り返していたら、これらの感情面を疑ってみてください。

改善策は、単純ですが負けトレードを何回も見直してそれを絶対にやらないこと。

見直すということは、トレードの数をこなして経験を積んだことにもなるからです

 

メンタルを強化する

感情に負けない再現性のあるトレード技術を身に付ければ勝ち組に回れます。

これはもう、検証を繰り返して自信をつける。情熱を持つ。これしかないと思います。

FXはメンタルメンタルと良く言われますが、今回のようなことが背景にあるわけです。

ぜひ、感情に流されないトレーダーを目指してください。

 

 

 

 - メンタル